読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

aopen_chan’s diary

気になる事を書き留め、ビジネスに繋がるヒントを探す

大塚家具 大感謝フェア ←本当にキャッシュが欲しいんだろうな

企業

過去に2度ブログで取り上げた、大塚家具のお家騒動。

結果は久美子社長に軍配があがりましたね。

父親である勝久氏の広告戦略には懐疑的なものがあったのですが、あの営業マンつきっきりの接客が貴重だとずっと押していた私。今回のフェアのブログやTV報道をみると「沢山の人が殺到して、店員を捕まえるのにも一苦労、商品を買うのに相当時間を要したから東京インテリアで十分」などときくと本当に残念な気分です。だからと父親を押しているわけではありません、株主総会の内容がひどすぎました。ファミリービジネスの難しさというか、家族の歴史と会社の歴史がごっちゃになってしまう感情的な部分が露呈していましたね。

久美子社長の今後の戦略が楽しみです。このお家騒動で認知度が上がった久美子社長にはぜひとも積極的に自身が広告塔になって、弱かった広告戦略を推し進めて欲しいと思っていました。

実際にフェア←バーゲンですよね。では935(クミコ)価格や久美子社長自らお出迎えをしてPR、テレビ番組に積極的に出演。お茶の間まで話題になるとは広告効果は絶大ですね。これをどうやって継続させていくのでしょうか。

 過去のブログ 広告戦略への疑問

aopen-chan.hatenablog.jp

あとは現場ですね、販売接客がどうなるのか、気になるところです。絶対にIKEAニトリの方法に迎合しないでください!大塚家具ロゴにある「確かな価値との出会い」を感じられた環境は絶対に維持してくださいねー。

f:id:aopen_chan:20150420130931p:plain 

↓私の接客への思いは過去の記事で。笑

aopen-chan.hatenablog.jp

 今回気になったのはここ。 

f:id:aopen_chan:20150420124943p:plain

f:id:aopen_chan:20150420125004p:plain

出典: http://www.idc-otsuka.jp/935/

一番気になったのは 10%割増商品券の販売です。

詳しくみてみると

  • 金種は「110,000円券」の1種類のみ。(100,000円で購入できます)
  • 一人あたり購入金額の上限は500,000円
  • 支払いは現金のみ
  • 2015年5月15日以降の買い物で利用可能
  • 割増商品券は大塚家具の全店で利用可能
  • 換金不可

10%割増ってとても大きな金額ですよね。大塚家具で物を購入しようと思うと20-30万くらいの家具を購入する人が多いのでは?これ凄いお得ですが、それよりも本当に今会社は現金キャッシュが欲しいんだろうな―と思ってしまいました。

大塚家具って高いと感じることが多いけれど、実はネットや百貨店で同じ品質のものを探していると大塚家具のほうが安いことが多々あります。多分、百貨店の金額をみて、大塚家具をみるとビックリするほどお得に思いますよ。以前、同じものを個人で探して購入するより全体的に2割ほど大塚家具のほうが安いし、手に入るときいたこともあります。

新生大塚家具!頑張れ!