読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

aopen_chan’s diary

気になる事を書き留め、ビジネスに繋がるヒントを探す

2015年前半、欲しいものを5つ取り上げてみました

product 日記

欲しいものにはきりがない。

物欲と本当に自分に必要のものかが違うところが厄介ですね。

アマゾンで欲しいものリストを公開している人がいるけれど自分の心の中を公開しているみたい。ミニマムな生活を目指す人にはいいのかもしれないですが、ちょっと恥ずかしい。

物欲が強まるとお金の有無で幸福度を図ってしまう危うさがありそうです。

でも、欲しいものをリストアップするのは自分の気持ちの棚卸しには役立ちそうです。欲しいものがあるから働こうと思うのもひとつの動機ですね。単純ですが、学生頃のアルバイトを思い出します。

では、社会人生活が十年すぎた自分が今欲しいと思うものを5つ上げてみました。

1,PILOT 万年筆 kakuno  ¥1,000 (税抜き)

グッドデザイン賞も受賞しているこの商品。万年筆がぐっと手軽になりました。でも必要な商品でもなく娯楽の要素が大きいで欲しいものリスト入りに。

f:id:aopen_chan:20150526172202p:plain

出典:kakuno使い方紹介 | PILOT LIBRARY | PILOT

 多様な色が揃っているのも魅力的です。

「ブルーブラック」がどうしても好きなんです。ブログネームのAopenもここから考えました。

 

2,ラ・カスタ ヘッドスパブラシ ¥3,000(税抜き)

ヘアケアには無頓着な私、ブラシも自分で購入した記憶がなく中学生から同じものを使用していました。それが、このブラシを試したら髪のツヤがよくなった!

今使用しているブラシが壊れてたわけではないので、必須じゃないので欲しいものリストに。

●豚毛に含まれた水分と油分で髪のキューティクルを整え、静電気を防止しながら、まとまりやすい美しい髪に仕上げます。

●細長いナイロン毛は、デリケートな頭皮を傷めることなく、ブラッシングによる頭皮マッサージ効果を発揮し、ツヤのある健やかな髪を育てる頭皮環境へと導きます。
●入浴前に、気持ちのいい程度に頭頂部に向かってブラッシングすると、頭皮へのマッサージ効果が高まり、毛穴の汚れが浮きやすくなります。髪のもつれもとれて、シャンプーの泡立ちを良くします。
【毛の材質】豚毛・ナイロン

 出典:ラ・カスタ ヘッドスパブラシ | ラ・カスタ La CASTA 植物の生命力と癒し

ラカスタ ヘッドスパブラシ

ラカスタ ヘッドスパブラシ

 

3, 大型書「イラストのチカラ」 ¥4,104(税込み)

こういうイラストのアイディア帳は大型本が多く、古本にも出にくい。価格面も収納スペースのことを考えるとなかなか買いにくいけど、装丁も拘っていて何冊も欲しくなる。ブランディングに役立ちそう。

内容紹介
人の手を介したやさしさが感じられるデザインは、見る人を特別な気持ちにし好印象を与えます。コンセプトをイラストによって見事に表現できた時、そこに揺るぎないストーリーが生まれるのです。
本書では、インパクトのある色とりどりのデザインから、動植物であふれる穏やかな自然をモチーフにしたデザインまで、100種類以上のイラストを駆使したプロジェクトを収録。様々なイラストの力をじっくりと感じてみてください。
イラストのチカラ インパクトのあるイラスト使いのアイデア

イラストのチカラ インパクトのあるイラスト使いのアイデア

 

4,Mother house Icho Card Case イチョウカードケース ¥6,480 (税込み)

レザーのグラデーションが表現された名刺入れ。同じシリーズの財布を使っていますが、レザーが手に馴染んできて、愛着が湧いてきました。また裏地にはバングラデシュの女性たちの民族衣装である「サリー」の布が使われています。

値段は高いけれど、長く愛用するのであれば納得できる企業から購入したいですね。私にとって共感度の高いフェアトレードの会社です。

www.mother-house.jp

5,槇田商店 野菜柄の日傘 菜-sai- ¥21,600 (税込み)

これは完全に一目惚れ。江戸末期から創業いている山梨県にある槇田商店の商品。バリエーションは7種類。はなまめ、紫おくら、まめ、しめじ、はくさい、とうもろこし、にんじん と迷ってしまう。

f:id:aopen_chan:20150526172312j:plain

www.makita-1866.jp

時短や便利さというよりひと手間の商品が欲しいみたいです。

生活に必須なものはひとつもないので購入には時間がかかりそう。また後日どうなったか検証してみようっと。

関連記事↓

aopen-chan.hatenablog.jp