読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

aopen_chan’s diary

気になる事を書き留め、ビジネスに繋がるヒントを探す

衝撃、カメラの売り場が様変わりしていた

この5年くらい、カメラやビデオカメラを持つのを辞めてiPhoneで写真や画像を撮るようになりました。普段の生活ではiPhoneの性能で十分です。

でも、仕事でカメラ機能を使うとiPhoneのバッテリーの減りが早く、不便なので携帯し易い軽いカメラを探して家電量販店に行ってきました。画質はあまり気にしてません。

今やカメラは自撮りが主流。ガラケーの形がここにあった。

まず、驚いたのが売り場の小ささ。高価格帯、高性能のカメラ売り場はしっかりと残っていますが、旅行などの記録などで使用するくらいの市場はもうiPhoneスマートフォン)に取られてしまっているようです。選択肢が少ない!

その小さな売り場で主流なのが「自撮りカメラ」と「アウトドア用カメラ」です

セルフィステック(自撮り棒)はよく見かけますが、カメラそのものに自撮り主流の機能がついています。

これが!折りたたみ式で。まさにガラケーのカタチ。

 

 この高画質自撮りごり押しのコマーシャルがまた衝撃的。


The New Smart | OLYMPUS PEN Lite E-PL7 ...

アクションカムは大賑わいでした。カメラはもはや細分化され用途に合わせて購入する商品なんですね。(高画質を目的とするカメラを除いて)

 

当たり前だけど、変わらなくてよい絶対安泰のビジネスはありませんね。

まさか、カメラ業界もこの5年ぐらいで携帯電話業界にここまで地位を脅かさるとは思っていなかったのでは?ビジネスである顧客層をガッツリ取られてしまったことがわかる事例でした。最近、カメラ売り場なんて行ってない方、お時間あれば是非。色々な発見があり面白いです。

 結局、iPhoneより小さく、光学10倍の機能で十分なのでこのカメラになりそうです。wi-fiスマートフォンに画像を飛ばせるのも便利ですね。色は3色しかバリエーションがありません。もうライムイエローなんて作ってくれないんだろうな。そして家電量販店に行って、結局Amazonで購入するわたし。