読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

aopen_chan’s diary

気になる事を書き留め、ビジネスに繋がるヒントを探す

¥1800払って映画館に

久しぶりに一人で映画を観に行った。今や自宅に居ながらネットから300-500円で映画が好きな時間に鑑賞できる生活。そんな中で、移動を伴い、開始時間に自分を合わせ、ミニシアターだと前列の方の頭がスクリーンに被って一部字幕ば見えず料金1800円は高いと一瞬感じるのは私だけではないはず。(デートやお茶会の延長のように映画館が目的地になっていると別なのか。映画館にいくのはモノではなくコト体験と捉える?)

今日はひょんなことから次の上映時間まで90分時間を潰し、その後3時間半の上映時間中スクリーンに向かってストーリに入り込む。これが新鮮だった。3時間強、拘束される環境が。。200分、携帯の電源をオフにしてだれにも邪魔をされずまたは,自ら離脱せずにひとつのことをする、させられる?なんて久しぶりだっだ。

日々の生活や仕事を振り返ると『ながら作業』になりがち、ならざる得ない?今やテレビは見たいものを事前に録画してまとめてスキップしながら見るようになっているし、ネットニュースもそう。見たいものだけみる。ある意味見たくないものは見ない環境にできる。断片的になりがち。ここでいうのはスキップ機能のこと。映画だって選択する時点で見たいものに絞られているし映画も席を立ってしまえば、離脱できるけど。。

では今回¥1800の価値があったか?と問われると結果的には満足。でも平日bunkamuraということで客層がマダムばかりで独特の落ち着きがあったのが良かったのかも。他の映画館だとどうだろう。あと自宅で映画を3時間鑑賞する自信がないからそれも含めて満足。首とお尻は痛くなったけど。

 


Bunkamura