読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

aopen_chan’s diary

気になる事を書き留め、ビジネスに繋がるヒントを探す

感想「スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン」は動画と一緒にみると効果的

先日、書きかけの文章が誤って予約投稿されてしまいました。本当にごめんなさい。訂正し直しました。 

ずっと購入してから読んでいなかった「スティーブ・ジョブズ驚異のプレゼン-人々を惹きつける18の法則」

 目次 私が気になったところは太字のところです。

シーン1 構想はアナログでまとめる

シーン2 一番大事な問いに答える

シーン3 救世主的な目的意識を持つ

シーン4 ツイッターのようなヘッドラインを作る

シーン5 ロードマップを描く

シーン6 敵役を導入する

シーン7 正義のみかたを登場させる

シーン8 禅の心で伝える

シーン9 数字をドレスアップする

シーン10 「びっくりするほどキレがいい」言葉を使う

シーン11 ステージを共有する

シーン12 小道具を上手に使う

シーン13 「うっそ!」な瞬間を演出する

シーン14  存在感の出し方を身につける

シーン15 簡単そうに見せる

シーン16 目的に合った服装をする

シーン17 台本を捨てる

シーン18 楽しむ

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン

 

 

感想:本を完読して、自分の所有しているApple商品のプレゼンをyoutubeで実際にみてみるが一番勉強になりました。

さすがプレゼンのハウツー本。わかりやすく充実した内容でした。(Apple商品を持っていない方にはわかりにくいかもしれません) 本を繰り返し読むことも大切ですが、やはり過去に自分が作成したプレゼンシートを作り直すような時間をしっかりとったり、忠実に本に沿ってプレゼンを作ってみる意欲と決意が必要ですね。

知識があっても、良いプレゼンができるわけではないし、スティーブ・ジョブズのプレゼンをみて準備が全てだと感じました。

 その1


iPhone発表スティーブジョブズプレゼン(日本語字幕付き) - YouTube

 

新商品プレゼンではないけれども一番印象的なプレゼン。

 その2 


スティーブ・ジョブス スタンフォード大学卒業式辞 日本語字幕版 - YouTube