読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

aopen_chan’s diary

気になる事を書き留め、ビジネスに繋がるヒントを探す

GWにどうぞ「ミッフィー展」開催 大人をターゲットに生き残る

キャラクター イベント 今週のお題

 今週のお題ゴールデンウィーク2015」今年は誕生60周年記念ということで開催されているミッフィー展@松屋銀座に行ってきました。 〜5月10日

f:id:aopen_chan:20150504110124p:plain

オランダの絵本作家ディック・ブルーナさんの手によって生まれたミッフィーうさこちゃん)は、2015年に60周年という記念すべき年を迎えます。誕生以来ミッフィーは、私たちの心に寄り添って、たくさんのやさしさや幸せを届けてくれました。本展では、家族や友だちなど「ミッフィーの大切なもの」をコンセプトに選りすぐった人気絵本7作品やブルーナさんの初期作品など、原画やスケッチ、制作資料など約300点を展観。1955年に初めて描かれた「ファースト・ミッフィー」(『ちいさなうさこちゃん』(第1版))の原画を世界で初めて公開します。またブルーナさんが描いた油彩画や、奥さんのために描いた「朝食メモ」を紹介し、ブルーナさんの新たな魅力に迫ります。さらにスペシャル展示として、オランダと日本を舞台に始まる60周年企画「ミッフィー・アートパレード」から、日本人クリエーター15組が手がけた、高さ180センチのミッフィー像が初めてお披露目されます。

 出典:誕生60周年記念 ミッフィー展 - 展覧会&ギャラリー | 松屋銀座

デパートごとミッフィー

f:id:aopen_chan:20150603225845j:plain

変幻自在のミッフィー

今回の展示は、ディック・ブルーナさんの原画も注目ですが、「ミッフィー・アートパレード」という、180センチの真っ白なミッフィーにオランダと日本で活躍するクリエーター60組がペイントや装飾を施して、オリジナルミッフィーがみられるのが面白かったです。シンプルなキャラクターこそのイベントでした。私が一番のお気に入りは「気仙沼ニッティング&ほぼ日刊イトイ新聞」の作品。あれ?写真だとシュールですね。

f:id:aopen_chan:20150504112213p:plain

出典:気仙沼で編んでもらったミッフィーちゃん- ほぼ日刊イトイ新聞

ミッフィー・アートパレード」↓ サイトから60体見れます。

www.miffy60-exhibition.jp

 

 

大人が熱狂の販売コーナー!展示会限定のアイテムが400点。限定ではない商品も豊富、カテゴリーが網羅されていて、しかも思ったよりも安い。

 グッズコーナーは入場券がなくても入れます。このコーナが圧巻。ポストカードやお菓子などの定番商品からタオル、下着、鍋。しまいには、ネイルラップ、ご祝儀袋や体重計までありました。家中のものをミッフィーで揃えられそうです。

ハローキティーのブランド戦略と似ているミッフィー

よく考えるとミッフィーの絵本を持っている人は少なく、商品のキャラクターとして親しんでいる人が多いのではないでしょうか。もはや、商品は子供向けの玩具や本というより、大人向け。皆さん大量購入していました。

撮影可能エリアを設置。SNSの拡散を意識。

もうひとつ印象的だったのが、展示の方法です。有料展示会ブースの中に撮影可能エリアがありました。ちゃんとSNSを意識していますよねー。その前のターシャ・テユーダ―展と言い松屋銀座のイベントは限られたスペースにかかわらず集客も展示も手法も上手です。

でも、今回私は撮影せず。。来館客が多すぎて撮影しても他の人物が入ってしまう。お花見状態でした。笑

チケットを買わなくても、グッズ販売ブースで十分愉しめるミッフィー展、隣の「オランダと北欧フェア」もぜひチェックしてみてください。

 

キャラクタービジネスではディズニーが長期的に話題を作り、最後には新作映画を公開しており、興味深いです。今やトイ・ストーリーは3世代をターゲットにした取り組みですからね。 過去記事↓

aopen-chan.hatenablog.jp

 日本のくまモントイ・ストーリーのように20年愛され続けるかというと、ブランド展開の部分で疑問です。↓

aopen-chan.hatenablog.jp